卓球Tリーグ、3・14プレーオフ延期 松下チェアマン「五輪後の可能性も」

[ 2020年2月26日 19:15 ]

 卓球のTリーグは26日、都内で理事会を開催し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月14日に東京・両国国技館で予定しているレギュラーシーズン上位2チームが戦うプレーオフ(ファイナル)を延期することを決めた。日時と場所は今後決定する。

 理事会後に取材に応じた松下浩二チェアマンは「ファンのためにも何とか開催したい。無観客試合にする予定はない」と説明した。男子は東京と琉球、女子は日本生命と神奈川が出場。五輪代表選手が5人所属しており、代表選手の予定を最優先に開催時期を決定する。松下チェアマンは「選手の都合が大きい。五輪後になる可能性もゼロではない」としている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月26日のニュース