女子テニス・シャラポワが引退表明「テニスに私はさよならを言います」

[ 2020年2月26日 23:17 ]

全豪オープン1回戦でプレーするシャラポワ(AP)
Photo By AP

 女子テニス元世界ランキング1位でロシアのマリア・シャラポワ(32)が26日、米誌で現役引退を表明した。シャラポワはエッセーで「テニスに私はさよならを言います」とした。

 シャラポワは米国に渡った後に錦織圭(日清食品)も学んだアカデミーで腕を磨き、17歳だった2004年にウィンブルドン選手権初優勝。05年に初めて世界ランキング1位となった。12年の全仏オープンで四大大会全制覇を達成するなど四大大会で通算5勝を挙げた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月26日のニュース