丹羽 3大会連続!五輪卓球シングルス代表最後の1枠を獲得

[ 2019年12月14日 05:30 ]

東京五輪男子卓球シングルス出場が決まった丹羽
Photo By スポニチ

 丹羽はワールドツアーの成績上位選手が出場するグランドファイナルの切符を逃したが、卓球男子シングルス代表最後の1枠をつかんだ。

 今季は伸び悩み、張本、水谷の新旧のエースに隠れがちだったが、終盤に復調し11月には国際大会3大会連続で8強入り。前陣での速攻を武器に2012年に17歳でロンドン五輪に初出場し、翌年1月の全日本選手権も制した天才肌に、3大会連続の五輪代表入りの吉報が届いた。

 ◆丹羽 孝希(にわ・こうき)1994年(平6)10月10日生まれ、北海道苫小牧市出身の25歳。明大卒。12年ロンドン五輪代表、16年リオデジャネイロ五輪団体銀メダル。10年ユース五輪、11年世界ジュニア選手権で金メダル。13年全日本選手権シングルス優勝。1メートル62、51キロ。左シェーク攻撃型。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月14日のニュース