バックスが17連勝 アデトクンボが大活躍 レイカーズは6連勝 ヒートはホームで初黒星

[ 2019年12月14日 15:24 ]

37得点を挙げたバックスのアデトクンボ(AP)
Photo By AP

 NBAは13日に各地で9試合を行い、東地区全体首位のバックスは敵地メンフィスでグリズリーズを127―114(前半64―62)で振り切ってチーム記録にあと「3」と迫る17連勝。第3Q終了時点で5点を追う展開だったが、昨季のMVPヤニス・アデトクンボ(25)が37得点中、17得点を第4Qに集中して試合をひっくり返した。

 右太腿の故障で11日のペリカンズ戦を休養していたアデトクンボは11リバウンドも記録して今季23回目のダブルダブル。14日に八村塁(21)が所属するウィザーズと対戦するグリズリーズは3連勝を逃して8勝17敗となった。

 2季目を迎えているグリズリーズのフォワード、ジャーレン・ジャクソンJR(20)は9本の3点シュートなどで自己最多の43得点。ドラフト全体2番目に指名されたガードのジャー・モラント(20)と、ゴンザガ大で八村と同期だった21番目指名のフォワード、ブランドン・クラーク(23)はともに故障で欠場した。

 西地区全体1位のレイカーズは敵地マイアミでヒートに113―110(前半51―59)で競り勝って6連勝で23勝3敗。アンソニー・デービス(26)が4本の3点シュートなどで33得点と10リバウンド、3ブロックショットを記録してロードではチーム歴代2位の13連勝を飾った。

 2010年から4季、ヒートに在籍したレブロン・ジェームズ(34)はターンオーバーを8回犯しながらも28得点、9リバウンド、12アシストをマークして勝利に貢献。“ビジター”として訪れたマイアミでは通算6勝13敗となった。

 ヒートは18勝7敗。ジミー・バトラー(30)が23得点を稼いだものの、ホームでは今季12戦目で初黒星を喫した。この結果、今季ホームで不敗を堅持しているのは、この日ペリカンズを退けて5連勝を飾った76ers(14戦全勝)だけになった。

 ロケッツのジェームズ・ハーデン(30)は敵地オーランドでのマジック戦で10本の3点シュートなどで54得点をマーク。50得点以上は今季5回目で、ここ7試合では4回目となった。

 ティンバーウルブスを敵地ミネアポリスで下して4連勝を飾ったクリッパーズでは、ポール・ジョージ(29)が46得点、カワイ・レナード(28)が42得点をマーク。1試合で2人が40得点以上をたたき出したのはチーム史上初めての出来事となった。

 76ersに敗れたペリカンズは11連敗で、クリッパーズに屈したティンバーウルブスも7連敗。ロケッツ戦で精彩を欠いたマジックは4連勝のあと3連敗となった。

 <13日の結果>

レイカーズ(23勝3敗)113―110*ヒート(18勝7敗)
*76ers(20勝7敗)116―109ペリカンズ(6勝20敗)
ロケッツ(17勝8敗)130―107*マジック(11勝14敗)
ペイサーズ(17勝9敗)110―100*ホークス(6勝20敗)
バックス(23勝3敗)127―114*グリズリーズ(8勝17敗)
ホーネッツ(12勝16敗)83―73*ブルズ(9勝18敗)
ニックス(6勝20敗)103―101*キングス(11勝14敗)
クリッパーズ(20勝7敗)124―117*ティンバーウルブス(10勝15敗)
*ジャズ(15勝11敗)114―106ウォリアーズ(5勝22敗)

 *はホームチーム

 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月14日のニュース