張本 連覇ならず…世界1位に敗戦「もっと限界を超えないと」

[ 2019年12月14日 05:30 ]

卓球ワールドツアー・グランプリファイナル第2日 ( 2019年12月13日    中国・鄭州 )

<卓球Gファイナル第2日>男子シングルス準々決勝で許昕(奥)に競り負け、うなだれて引き揚げる張本智和
Photo By 共同

 16歳の張本は世界ランク1位に屈し、連覇の夢は準々決勝でついえた。

 ラリー戦で優位に立ち、過去全敗の許昕(キョキン)を相手にマッチポイントを握りながらも、相手の気迫に押され「涙を通り越して笑うしかない…」と肩を落とした。「7ゲーム戦って勝てなかった。もっと限界を超えないといけない」。東京五輪出場が予想されるトップ選手たちによる夢の競演で得た課題を乗り越え勝負の20年に向かう。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月14日のニュース