卓球・美宇 代表入り懸けた大一番で悔し涙「チャンスがあったのに届かなかった」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

卓球ワールドツアー・ グランドファイナル第1日 ( 2019年12月12日    中国・鄭州 )

女子シングルス1回戦でポイントを奪われ、さえない表情の平野美宇
Photo By 共同

 女子シングルスで世界ランク10位の石川佳純(26=全農)の東京五輪シングルス代表入りが確実になった。石川は世界女王のリュウシブン(中国)に1回戦で敗れたが、世界ランキングで石川に次ぐ同11位の平野美宇(19=日本生命)も1回戦で敗退したため、逃げ切った。

 勝てば逆転で五輪のシングルス出場が決まった平野は、好機をものにできず完敗。「自分の中では精いっぱいだった。今回はこういう結果を受け止めていきたい」と大粒の涙を流した。意地は見せた。3ゲームを連取されたものの、第4ゲームを奪って一矢報いた。高速卓球で会場を盛り上げたが「チャンスがあったのに届かなかった。そこが残念」と肩を落とした。

 同い年の伊藤と観客席から眺めていた12年ロンドン。サポートメンバーとして同行した16年リオ。シングルス代表は逃したが団体戦メンバーとして初の五輪出場は濃厚だ。「競争できたことは自分にとって収穫。(3人目には)選ばれてもおかしくない位置にいると思う」と切り替えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月13日のニュース