帝京大・小野寺 箱根リベンジへ急成長 下田先輩超えへ「8区で区間新を」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

ストレッチする小野寺(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 来年1月2、3日の箱根駅伝に13年連続21回目の出場となる帝京大が12日、都内キャンパスで会見を行った。前回大会で5位だったメンバーのうち7人が残った厚い選手層を武器に、悲願の初優勝を目指す。

 先月にハーフマラソンで1時間2分3秒の帝京大記録を樹立した小野寺悠(3年)が成長著しい。5区を走った前回の箱根は3位でたすきを受けたが、区間16位に沈み順位を6つ下げた。「自分がちゃんと走れば総合3位は狙えた」と悔いが残るだけに、リベンジの思いは強い。青学大OBの下田裕太(GMOアスリーツ)は中学、高校の先輩で「下田さんを超えるために8区で区間新を出したい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年12月13日のニュース