バド奥原、手応え2連勝「試合をするごとに自信がついている」

[ 2019年12月13日 05:30 ]

タイ選手に勝利した奥原希望
Photo By 共同

 バドミントンワールドツアーファイナル第2日は12日、中国・広州で各種目の1次リーグが行われ、シングルスで女子B組の奥原希望(太陽ホールディングス)はブサナン・オンバムルンパン(タイ)に快勝して2連勝とした。

 奥原は21―12、21―10と危なげなく2連勝を飾った。ブサナンには8度目の対戦で初めてストレート勝ちし「最終ゲームを覚悟していたけど、今までの自分との大きな違い」と手応えをにじませた。前日に世界ランキング1位の強敵に逆転勝ちした勢いのままに、相手を圧倒。準決勝進出は1次リーグ最終戦に持ち越しとなったが「試合をするごとに自信がついている。いい流れで進めるように、全勝でいきたい」と力強かった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年12月13日のニュース