関脇・栃ノ心が九州場所休場 大関復帰厳しく 春日野親方「残念だ」

[ 2019年11月14日 08:21 ]

<大相撲九州場所>宝富士(右)を首ひねりで破る栃ノ心(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 関脇・栃ノ心(32=春日野部屋)が九州場所5日目の14日から休場することが分かった。4日目の取組で右腹部付近を痛めたとみられる。栃ノ心の休場は今年の名古屋場所以来で10度目。

 2度目の大関復帰を目指す今場所はここまで2勝2敗。13日は宝富士を退け連勝、星を五分に戻したところだった。10勝以上で大関に復帰できるが、春日野親方は「(再出場は)まだ分からない。残念だ」とコメントしており、厳しい状況となってしまった。5日目の対戦相手だった平幕・大栄翔(26=追手風部屋)は不戦勝となる。

 今場所の十両以上の休場者は横綱・鶴竜(34=陸奥部屋)、大関・豪栄道(33=境川部屋)ら7人となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月14日のニュース