大栄翔 星を五分に戻す 7戦で1勝の相手に「思い切りいくだけだった」

[ 2019年11月14日 05:30 ]

大相撲九州場所4日目 ( 2019年11月13日    福岡国際センター )

大栄翔(右)は寄り切りで御嶽海を下す(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 新三役を狙う大栄翔が星を五分に戻した。“大関候補”御嶽海の突進をこらえると、懐に入ってもろ差しになり、隙を与えずに寄り切った。「(もろ差しは)狙っていたわけじゃない。突いていきたかった」。

 7戦して1勝止まりだった相手に快勝して「思い切りいくだけだった」と振り返った。上位戦が続く中で連敗を回避。「まだ4日目だが悪くない。集中して一日一番頑張りたい」と口元を引き締めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年11月14日のニュース