ツアーから引退 大江香織「自分の伸びしろが感じられない。練習してもこれ以上うまくなれないのかなと」

[ 2019年11月14日 13:40 ]

女子ゴルフ 伊藤園レディース・プロアマ戦  ( 2019年2月14日    千葉県長生郡長南町 グレートアイランド倶楽部(6741ヤード、パー72) )

大江香織
Photo By スポニチ

 大会前にツアーからの現役引退を表明した大江香織(29=アルプスアルパイン)がコースで会見した。

 突然の引退理由について「自分の伸びしろが感じられない。2勝目を挙げてから2週連続予選落ちをした時にそんな感じになった。モチベーションの問題もある。練習してもこれ以上うまくなれないのかなと。そういう思いはあった」と説明した。

 具体的に引退を考え始めたのは「9、10月くらに相談した。コーチやマネジメントをしていただいている会社に」と話した。

 今後、競技生活とは一線を画す。ゴルフの試合には出ないのか?と問われると「ハイ」と言い切った。

 また、ツアー生活から離れ、何かやりたいことはあるかとの質問には「具体的にはないです」と話した。ただ、ゴルフのリポーターには興味があると言い「チャレンジしたいなという気持ちは」と続けた。

 次週の大王製紙エリエールレディースの出場資格もあったが、今大会を区切りの試合に選んだ。「(今週のコースが)千葉なので知り合いも多し。マネジメント会社が大会の運営に入っているのもあります。最後にするならここかなと思いました」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月14日のニュース