競泳・瀬戸大也支える“内助の功” 優佳夫人明かす勝ち飯の隠し味は「笑顔」

[ 2019年10月15日 05:30 ]

 競泳男子の瀬戸大也(25=ANA)を支える元飛び込み選手の優佳夫人(24)が、都内で行われたスポーツ祭りで、味の素の「勝ち飯」教室&試食会イベントに参加した。

 400メートルと200メートル個人メドレーで東京五輪出場が内定している夫の食事に言及。好みに合わせてニンニクや辛い味付けのメニューを増やしていることを明かした上で「笑顔がないと“勝ち飯”にはならない。食事中に楽しみながら会話することを意識している」と説明した。1歳の娘を含めた家族の食卓が五輪での金メダルの後押しとなる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース