南アの“ポケット・ロケット”コルビが元気に練習参加 4日に足首負傷も…

[ 2019年10月15日 17:47 ]

元気に練習参加した南アフリカのWTBコルビ
Photo By スポニチ

 ラグビーW杯準々決勝で日本と対戦(20日、味スタ)する南アフリカが15日午後、府中市内のグラウンドで練習を行った。公開された冒頭15分間はメンバー全体でのウオーミングアップだったが、4日のイタリア戦で2トライを挙げながら足首を痛めて交代した1メートル70の“ポケット・ロケット”WTBチェスリン・コルビ(25)も元気な姿を見せ、軽快な動きを披露した。

 コルビについて南アのラッシー・エラスムス監督は14日の会見で「今週出るメンバーに入っている」と明かし、この日取材に応じたスティック・アシスタントコーチも「メディカルチームから情報を毎朝もらっているが、コルビのケガはクリアな状態だ。今回は100%の彼が見られるだろうし、彼をまたピッチに迎えることを期待している」と話していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース