日本代表パワーの源“北出丼”とは? 「僕が作ったドンブリ。選手の7割が食べている」

[ 2019年10月15日 16:36 ]

ラグビーW杯2019準々決勝   日本―南アフリカ ( 2019年10月20日    味スタ )

<日本代表練習>ウエートルームで話し合う(左から)徳永、坂手、北出、レメキ(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 日本代表の北出卓也(27=サントリー)、徳永祥尭(27=東芝)、木津悠輔(23=トヨタ自動車)が15日、都内での練習後に会見を行った。

 チーム内では“北出丼”なる食べ物が流行っているようで、名前の由来である北出に質問が飛んだ。「僕が作ったドンブリのこと。ご飯に高菜、めんたいこ、しらす、ネギをかけ、最後に卵を入れ、ごま油を垂らす」と調理法を明かした北出は「“何それ”となって、選手の7割が食べている。それが北出丼です。小腹が減って作ってみた。そこからみんな食べるようになった」と笑顔で説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース