中垣内ジャパン、層の厚さ見せた!強豪カナダに全員バレーで快勝し有終の美

[ 2019年10月15日 21:55 ]

バレーボール男子W杯 最終日   日本3-2カナダ ( 2019年10月15日    グリーンアリーナ広島・大アリーナ )

日本―カナダ 第2セット、スパイクを決める清水
Photo By 共同

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)は15日、グリーンアリーナ広島の大アリーナと小アリーナで各3試合が行われ、世界ランキング11位の日本は同6位と格上のカナダと対戦。セットカウント3―2とフルセットの末に快勝し、有終の美を飾った。

 前日のブラジル戦の敗戦により4位が確定した日本。カナダ戦のスタメンは控え中心で、石川&西田はベンチスタートとなった。

 第1セットは序盤からカナダが先行。日本も李の速攻や清水の強打などで追いすがるも、ミスも多くなかなか点差が縮まらない。15-20と5点差の場面で西田を投入すると、流れが一気に変化。21-23と2点差にまで詰め寄るが結局押し切られ、22-25とこのセットを落とす。

 第2セットも日本は同様の布陣で臨むが、今度は幸先のいい立ち上がり。6-2とカナダを序盤から突き放す。中盤も柳田の活躍などもあり、2回目のテクニカルタイムアウトを16-10の6点差で迎える。余裕の展開かと思えたがカナダの粘りに遭い、20-22と2点差にまで詰め寄られる。しかしセット終盤は調子を上げ、最後はベテラン清水がサービスエースを決め、25-20で第2セットを取り返した。

 第3セットはカナダに4点を先行される苦しい展開。しかし久原が躍動し、2回目のテクニカルタイムアウトを15-16で迎え、まさにがっぷり四つの勝負となった。その後も一進一退の攻防。最後は石川も投入され、25-23で第3セットをものにした。

 第4セットは両軍ともに点の取り合いになるいも、カナダにミスが出始めるとそこにつけこんで5連続得点。9-5とカナダを引き離す。中盤、追い上げを許し、1点を争う緊迫した状況に。最後はカナダに押し込まれ、23-25で第4セットを落とした。

 ファイナルセットは日本がスタートダッシュをかけるも、カナダも意地の応酬。7-6となかなか点差が開かない。終盤まで手に汗握る展開が続いたが、最後は日本が押し切り15-9でセットを勝ち取り、セットカウント3-2で勝利した。

 日本は控えメンバー中心に強豪カナダと相対するも、互角以上の試合を展開。キッチリと勝利をつかみ取り、層の厚さを見せつけた。

 日本は全日程を終了し、8勝3敗と5つの勝ち越し(勝ち点22)。28年ぶりのベスト4に入った。優勝は全勝のブラジル。2位はポーランド、3位は米国となった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース