慶大アメフット部、無期限で活動自粛「複数部員による著しく不適切な行為があった」

[ 2019年10月15日 14:56 ]

 慶大アメリカンフットボール部が15日、公式サイトで活動自粛を発表した。「部内において複数部員の不適切な行為があったため」としている。

 サイトでは同大学体育会理事と部長の連名で「このたび、部内において複数の部員による著しく不適切な行為があったことが認められたため、無期限で活動を自粛いたします。関係する方々に多大なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げます」と謝罪。

 「今回の件を厳粛に受け止め、再発防止と部の再生に全力で努めてまいります。また本件につきましては、教育的観点およびプライバシー保護の観点から、詳細は公表いたしかねますが何卒ご理解いただければ幸いです」と不適切行為の詳細については公表しないとした。

 関東学生アメリカンフットボール連盟は公式サイトを更新。本件を受けて「慶大は今季のリーグ戦第4節以降を棄権します」と報告。連盟としての今後の対応は「競技運営細則の規定により、当該校の不戦敗とし、措置については、当該校の代表者出席の上で理事会を開催し決定いたします」と説明した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース