師弟対決敗れた 駒大・八木監督「勝ったのはアッパレ。恩返しされました」と苦笑

[ 2019年10月15日 05:30 ]

出雲全日本大学選抜駅伝 ( 2019年10月14日    島根・出雲大社正面鳥居前から出雲ドーム前まで6区間45・1キロ )

2位でゴールする駒大アンカーの中村
Photo By 共同

 アンカー勝負で惜しくも2位となった駒大の大八木監督は「6区までは完璧に行けた。あんなふうになるとは…」と悔しさをにじませた。

 教え子に優勝をさらわれ「勝ったのはアッパレ。でも恩返しされました」と苦笑い。ただ、3週間後の全日本大学駅伝は距離も延びる分だけ、駒大に有利と分析している。「ハーフの駒大としてやってきた力はある」と必勝を誓っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年10月15日のニュース