アマ大田2差奮闘、ボギーなし66「ドライバー良かった」

[ 2019年8月17日 05:30 ]

女子ゴルフツアー NEC軽井沢72第1日 ( 2019年8月16日    長野県 軽井沢72G北C=6705ヤード、パー72 )

NEC軽井沢72第1日 6アンダーで3位に並んだアマチュアの大田
Photo By 共同

 アマチュアの大田紗羅(19)が、首位に2打差の好位置につけた。インから出て14番で4メートルのバーディーパットを沈めるなど、3連続バーディーを含むボギーなしの66で回った。

 「ドライバーが良かったです。フェアウエーを1回しか外さないでいけたので」。練習ラウンドでは飛ばし屋の葭葉と調整し収穫を得た。「狙いどころやドライバーの攻略の仕方をまねさせてもらいました」。今週はレッスンプロを目指す妹の麗華さん(18)をキャディーに起用。「3試合目ですけど凄くやりやすいです」と話す。

 エビアン選手権でベストアマに輝いた安田祐香らと同じ00年生まれのミレニアム世代。9月にはプロテストに挑む。「プラチナ世代とか言ってもらっていますが、黄金世代が凄すぎて…」と苦笑いしていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月17日のニュース