Bリーグ千葉 選手への一部ファンによる過度な接触行為に注意喚起 自宅直接訪問も

[ 2019年6月20日 10:17 ]

B-リーグ千葉に所属する富樫勇樹
Photo By スポニチ

 バスケットボール男子、Bリーグ・千葉が19日、公式サイトを更新。選手への一部ファンによる“過度なコンタクト”に注意喚起した。

 クラブは選手とファンとの距離感を大切と捉え、「さまざまな場面で出来る限り選手達と触れあい、親しみを持っていただける場をご提供できるように努めております。今後もできる限り皆さまに親しみを持っていただけるよう、これらの活動は継続して参りたいと考えております」と説明。そのうえで「そのような中で、上記のようなイベント等を介さないところで、選手達への過度なコンタクトを図る方がいるという報告が増えてきており、SNSを通じてDM等を大量に送付したり、選手の自宅へ直接訪問をしたりする等の事案も確認されております」とファンによる過度な接触があるとし、「一定のラインを超えるコンタクトに関しては、クラブとして選手達を守るためにも容認し得ない部分もございます」と記した。

 このような一部ファンの行動に「その(応援の)気持ちが少しだけ前面に出過ぎてしまったが故の結果だと受け止めております」と理解を示しつつも、「常識の範囲を超えた形でのコンタクトは、選手達の背中を押すことに必ずしもつながらないということをどうかご理解いただきたく思っております」と訴えた。

 「出来る事ならそのようなことをせずに、可能な限り皆さまに近いクラブで在り続けたいというのが今の私たちの想いです」と前置きしつつ「多くの方がマナーを守り選手達に声援を送って頂いている中で、このようなお願いをしなければならないこと自体が大変心苦しく、クラブとして公に発信をするかどうかも大変悩んだ末でのお願いです」と悩んだうえでの掲載であると説明。「どうぞ今一度、選手達との距離感について一定の節度を持つということについてお考えいただき、ごく一部の方の行動で多くの方の楽しみを規制する結果にならぬよう、改めて皆さまにお願い申し上げます」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月20日のニュース