ウルフ 報奨金1千万円は貯金、全日本柔道優勝祝賀会

[ 2019年6月20日 05:30 ]

柔道全日本選手権の優勝祝賀会で、報奨金などの目録を手に笑顔のウルフ・アロン(右)
Photo By スポニチ

 体重無差別で柔道日本一を決める全日本選手権を制した100キロ級のウルフ・アロン(了徳寺大職)の優勝祝賀会が19日、千葉県内で行われ、所属の了徳寺大から報奨金1000万円が贈られた。所属企業が五輪金メダリストに高額の報奨金を贈る例はあるが、国内大会では破格。

 目録を受け取ったウルフは「しっかり貯金して老後の蓄えにします」と笑顔だった。来年の東京五輪へ弾みがつきそうで「3冠(全日本、世界選手権、五輪)を目指せる選手は限られているし価値がある」と次のターゲットを明言。3冠達成後は100キロ超級への転向にも興味を示した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月20日のニュース