鈴木雄介 4年ぶり代表入りに「優勝、メダルを取りたい」 世界選手権50キロ競歩日本代表発表

[ 2019年5月28日 19:16 ]

<日本陸連 世界陸上ドーハ 記者発表>男子50キロ競歩の代表に選ばれた鈴木は笑顔でガッツポーズ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 日本陸連は28日、9月27日にドーハで開幕する世界選手権の50キロ競歩日本代表選手を発表した。

 男子は勝木隼人(28=自衛隊体育学校)、野田明宏(23=同)、鈴木雄介(31=富士通)が選ばれ、女子は渕瀬真寿美(32=建装工業)が選出された。

 同種目で3時間39分7秒の日本記録を持つ鈴木は4年ぶりの代表入りに「優勝、メダルを取りたい」と意欲。日本人最上位で3位以内に入れば東京五輪も内定する。「東京五輪の内定が得られるという条件も含めて、単純にメダルを世界大会で取ったことがないので欲しいという強い思いがあります」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年5月28日のニュース