今平、新スイング奏功 全米OP出場切符獲得「今回は結果を」

[ 2019年5月28日 05:30 ]

海外メジャー今季第3戦、全米オープンへの出場権を獲得した今平周吾(左)、市原弘大(中央)、堀川未来夢
Photo By スポニチ

 男子ゴルフの海外メジャー、全米オープンの日本地区最終予選が27日、三重県桑名市の桑名CC(7210ヤード、パー72)で行われ、昨季賞金王の今平周吾(26=フリー)、市原弘大(36=フリー)、堀川未来夢(26=Wave Energy)の3人が本戦出場を決めた。市原は通算13アンダーでトップ通過し、今平が1打差の2位。さらに1打差で堀川がプレーオフを制して出場を決めた。本戦は6月13日から4日間、米カリフォルニア州のペブルビーチで行われる。

○…今平はボギーなしの12バーディーとほぼ完璧な内容だった。「昨日(26日)試したスイングでやりました」。一度体を沈めてから一気に伸び上がることでパワーを生み出す新スイングが吉と出た。2年ぶり2回目の全米出場で海外メジャーは6度目だが、今まで予選通過はなし。「今回は結果を」と意気込んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年5月28日のニュース