加納弥生さんが死去 体操80年モスクワ五輪代表、56歳

[ 2019年5月28日 22:27 ]

2013年、笹田夏実選手(右)と抱き合う母・笹田弥生コーチ
Photo By スポニチ

 日本体操協会は1980年モスクワ五輪代表で、同協会のコーチ育成委員会副委員長(体操競技部長)を務める笹田(旧姓・加納)弥生さんが死去したと、28日、公式サイトで発表した。56歳。

 78、79、81、83年の世界選手権日本代表で、78、80、81年の全日本選手権では個人総合優勝を果たすなど、女子体操界をけん引した。80年モスクワ五輪の代表に選出されたが、日本のボイコットで出場を阻まれた。実娘は元女子体操選手の笹田夏実さん。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年5月28日のニュース