須崎&奥野が準決勝進出 昨年10月世界選手権以来の復帰戦 

[ 2019年4月3日 05:30 ]

レスリング女子 ジュニア・クイーンズカップ第1日 ( 2019年4月2日    東京・駒沢体育館 )

50キロ級準々決勝 攻める須崎(右)
Photo By 共同

 50キロ級の須崎優衣(早大)、53キロ級の奥野春菜(至学館大)が昨年10月の世界選手権優勝以来の復帰戦に臨み、ともに2試合を勝って3日の準決勝に進んだ。

 須崎は左肘故障、奥野は体調不良のため、昨年12月の全日本選手権を棄権。20年東京五輪の出場枠が懸かる世界選手権(9月、カザフスタン)の代表選考会を兼ねた全日本選抜選手権(6月、駒沢体育館)に向けて再スタートを切った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月3日のニュース