16歳・難波が初優勝「タイムが少し悔しい」五十嵐の7連覇阻んだ

[ 2019年4月3日 05:30 ]

競泳・日本選手権第1日 ( 2019年4月2日    東京辰巳国際水泳場 )

女子400メートル自由形決勝、スタンドの声援に応える優勝した難波(右)と2位の五十嵐(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 女子400メートル自由形は16歳の難波が第一人者・五十嵐のV7を阻止して初優勝した。

 ご飯大好きで2合をペロリと食べるという高校2年生は、250メートル手前で五十嵐を逆転。目標だった日本高校記録(4分9秒04)に0秒35届かず「五十嵐さんに勝ったのは凄くうれしいけど、タイムが少し悔しい」と話し、「800メートルと1500メートルで代表に入れるように頑張ります」と気持ちを切り替えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年4月3日のニュース