稀勢の地元、茨城・牛久で“ありがとう”料理 19日から提供

[ 2019年1月18日 08:43 ]

稀勢の里 引退発表から一夜

元横綱・稀勢の里の荒磯親方
Photo By スポニチ

 稀勢の里の地元、茨城県牛久市で行きつけの中華料理「甲子亭」では「横綱夢をありがとうコース」(税込み3500円)を19日から提供する。好物のエビチリや筑波地鶏の炒め物など本人ゆかりの素材。店長の池辺昭子さんは「寂しいけど会見で“一片の悔いなし”と聞き、考えて出した答えと納得した。元気と希望をたくさん頂いた」と感謝した。

 かつて稀勢の里の母が勤めたうなぎ店「山水閣」は、うなぎ2尾がのる「横綱重」(同8000円)に今年から太巻き「横綱巻」(同3000円)も加わり、引退後も継続。女将の東郷万里子さんは「会見は涙が出た。ケガの心配をしなくて良くなりホッとしています」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年1月18日のニュース