日馬暴力事件の詳細明らかに 白鵬、聴取で「愛のムチ」発言

[ 2018年10月20日 05:30 ]

日本相撲協会暴力問題再発防止検討委員会 最終報告

横綱・白鵬
Photo By スポニチ

 検討委の報告書では、昨秋の元横綱・日馬富士による暴力事件の詳細も明らかになった。

 現場にいた横綱・白鵬が事件後の危機管理委員会による事情聴取に対し「警察でも言ったが、今回の事件は、あえて“愛のムチ”と呼びたい(原文のまま)」と発言していたことが判明。被害者である貴ノ岩が、事件後の鳥取巡業で日馬富士と白鵬に謝罪したものの、これは貴ノ岩の母校・鳥取城北高関係者の助言によるものであり、本人が意図したものでないことも明らかになった。元横綱・日馬富士の暴行時間が5〜10分程度であったことも明らかになった。

続きを表示

「稀勢の里」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2018年10月20日のニュース