川井梨 世界レスリングへ出発、伊調の質問にピリピリムード

[ 2018年10月20日 05:30 ]

レスリング世界選手権に向けて成田空港から出発した川井梨紗子(左)と妹・友香子(中央)。右は激励に訪れた日本協会の福田会長
Photo By スポニチ

 レスリング女子の日本代表選手団が19日、20日開幕の世界選手権(ハンガリー)に向けて成田空港から出発した。59キロ級に出場するリオ五輪63キロ級金メダリストの川井梨紗子(23=ジャパンビバレッジ)は、復帰した五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)を意識。伊調について問われると「試合以外のことはちょっと…」と困惑し「関係ないとは思っていないですが、今は世界選手権に集中している」とピリピリムードを漂わせた。

 川井は63キロ級の妹・友香子(21=至学館大)と姉妹での東京五輪出場を目指しており、伊調が選択した57キロ級が今後の主戦場となる。日本協会の福田会長は「若手と激突して勝った方が代表になる」と競争を歓迎。早ければ、12月の全日本選手権で対戦する可能性もある、新たなライバル関係に注目が集まる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年10月20日のニュース