鶴竜も稽古再開 右肘の違和感なし「体が出来上がっている」

[ 2018年8月22日 05:30 ]

横綱・鶴竜(井筒部屋)も相撲を取る稽古を再開した。平幕の正代、豊山を相手に、右差しからの一気の寄りなどで圧倒した。名古屋場所を途中休場する原因となった右肘については「違和感はない」と話し、「息も上がらなかったし、しっかり体が出来上がっているということ」と言う通り、10番以上取っても自分の形は崩れなかった。

 横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)は平幕・佐田の海と13番取って全勝。得意の左四つだけでなく、右四つから寄り切る場面もあった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年8月22日のニュース