バスケ女子、選手たちも最小限に集中 不祥事の影響を気にせず

[ 2018年8月22日 05:30 ]

アジア大会・バスケットボール女子1次リーグ   日本91―41タイ ( 2018年8月21日    インドネシア・ジャカルタ )

 男子の4選手が日本選手団を事実上追放された。女子の藪内監督は「(情報は)目にも耳にも入る。いろいろなことがあるけど、ぶれないように、とは話している」と冷静な口調で語った。

 選手も気にしすぎないよう心掛けている様子。主将の篠崎は「私たちにできることはこれ(バスケットボール)しかない。目の前のことに集中してやっていくしかない」とうなずいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年8月22日のニュース