eスポーツ“半端ない”新星は高校生!相原翼さん アジア大会へ

[ 2018年7月31日 05:30 ]

 来月18日にインドネシア・ジャカルタで開催される「第18回アジア競技大会」で注目を集める日本代表選手がいる。デモンストレーション競技として初めて実施されるeスポーツに臨む選手名「レバ」こと都内の高校3年生、相原翼さん(18)だ。

 eスポーツとはコンピューターゲームで対戦して勝敗を決める競技。“アジア版五輪”と呼ばれるスポーツの祭典で行われるゲーム6種目のうち、相原さんは日本発のサッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で「SOFIA」こと杉村直紀さん(21)とともに日の丸を背負う。

 6月の東アジア予選では無名の存在ながら強豪の韓国を撃破するなど“超新星”として頭角を現した。武器はカウンター。サッカーW杯でベルギーが日本戦の最後に見せた高速カウンターも参考になったという。日本発のゲームだけに“絶対に負けられない戦い”に向け「結果を出せば国内で競技が注目される。周囲の期待を凄く感じる」と頂点を見据えている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース