ホークスがトレードで獲得したアンソニーを解雇 ロケッツ入りが濃厚

[ 2018年7月31日 13:26 ]

ホークスを解雇されてFAとなるアンソニー(AP)
Photo By AP

 NBAホークスは30日、サンダーから76ersを含めた三角トレードで獲得していたカーメロ・アンソニー(34)を契約の早期解約(バイアウト)で解雇。当初のシナリオ通りの“人事”で、アンソニーはウェーバー明けにFAとなってロケッツとの交渉に臨むものと見られている。

 アンソニーは米国代表として五輪に4回出場して3回優勝。NBAの球宴には過去10回選出されていた。昨季にニックスからサンダーに移籍したが、平均16・2得点は自己ワースト。自身のオフェンス・パターンのひとつだったアイソレーション(1対1)を使わない戦術と起用方法には不満の意を示していた。

 ロケッツは昨季の西地区決勝でウォリアーズに敗れたが、65勝17敗はリーグ最高成績。シーズンMVPとなったジェームズ・ハーデン(28)、リーグ屈指のポイントガード、クリス・ポール(33)らがいるだけに、アンソニーの動向が注目されるところだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース