U17“無名のNo・8”、尾白が強烈なタックルで勝利呼び込む

[ 2018年7月31日 19:02 ]

タックルで勝利に貢献したU17近畿No・8尾白大吉                             
Photo By スポニチ

 「KOBELCO CUP2018」第14回全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会と、第8回全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会(特別協賛・神戸製鋼グループ)が、7月31日に長野県上田市菅平高原で開幕した。予選リーグがあり、1、2年生の有望選手で構成するU17は、近畿の“無名のNo・8”、尾白大吉(2年=近大和歌山)が強烈なタックルで勝利を呼び込んだ。

 2連覇を狙うチームが、予選リーグ2戦目の北信越戦でよもやの苦戦を強いられた。前半を終えて5―0。尾白は後半最初から途中出場すると、早い時間に敵陣深い位置でビッグタックルを2度さく裂。味方がこぼれたボールを拾って、いずれもトライに結びついた。

 「“流れを変えてこい”と言われていたので。それに答えられました」

 はきはきと受け答えする好漢は、強豪校揃いの近畿において、ある種、異色の存在だ。花園出場1度の近大和歌山からやってきた2年生。和歌山県から唯一、選ばれた。

 「こんな中に入るとは思わなかった」が率直な感想。ただし、タックル力は、全国大会常連メンバーの中に入っても引けを取らないどころか、逆に目立つ。今大会に向けてのセレクションでも、1メートル75、94キロのムキムキの体でぶち当たることを武器にして代表の座を射止めた。実は予選リーグ1戦目の東北戦(69―5)で足を捻挫したという。手負いの状態でも、力強かった。

 チームメイト、京都成章のロック山本嶺二郎は「激しい選手。彼ほどの選手を今までなぜ知らなかったのかと思うぐらいです。インパクトのあるプレーヤーです」と称えた。

 和歌山県は花園で、2回戦を突破したことがない。尾白も「和歌山は近畿の中で弱い」と自覚する。だからこそ、少しでも風向きを変えようと「自分が頑張りたい」と、U17日本代表入りへ強い思いを持っている。名の大吉は、その通り幸運を授かるようにという願いが込められている。。敵ボールをチャンスに変えるタックルで、チームに幸せを運ぶ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース