日大、最終報告書受け入れ 事実認め「検討の上、誠実に対応」

[ 2018年7月31日 05:30 ]

日大アメフット部悪質タックル問題

 日大は第三者委員会による会見終了後、報道各社にFAXを送付。最終報告書における事実認定の部分は「そのまま事実として受け入れます」と明記。再発防止策として提言された内容についても「重要な御意見として受け止め、検討の上、誠実に対応してまいります」とした。

 また、田中理事長や大塚吉兵衛学長、アメリカンフットボール部部長の加藤直人副学長らが報酬の一部自主返納を申し入れ、受理したと発表した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース