関東学連検証委、日大の処分解除提案へ 31日臨時理事会で協議

[ 2018年7月31日 05:30 ]

日大アメフット部悪質タックル問題

 関東学連の検証委員会が、日大の処分解除を理事会に提案する方針であることが30日、分かった。関東学連は31日の臨時理事会で答申を協議し、秋のリーグ戦出場の可否を判断する。日大は18年度シーズン終了までの公式試合の出場資格を停止されている。

 日大は内田前監督らの反則指示を認めて謝罪し、事件当時の監督、コーチら指導陣を全て排除して体制を一新したことを強調。「理事、学長および副学長が監督やコーチを兼職することを認めない」などとする再発防止策も示した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース