錦織「トップ10復帰が目標」 ハードコート初戦へ抱負

[ 2018年7月31日 08:03 ]

 テニスのシティ・オープンが30日、米ワシントンで開幕し、男子シングルスで2015年大会優勝の錦織圭(日清食品)は「クレーと芝でいい感触が戻ってきたので、ここ(ハードコート)でもいい戦いをして自信をつけたい」と抱負を口にした。世界ランキング20位で第7シードの錦織は、2回戦から登場する。

 芝のウィンブルドン選手権で初めて8強入りした錦織は、この大会が夏のハードコート初戦。

 全米オープン(8月27日開幕)を含めて得意の季節となるが、昨年は右手首のけがで8月から休養に入った。「去年の夏は出ていない分、ランキングを伸ばせるチャンス。トップ10に復帰することが目標」と話した。

 杉田祐一(三菱電機)や女子で第3シードの大坂なおみ(日清食品)らも会場で調整した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース