御嶽海、幕下力士相手に異例の猛稽古 ハイペース調整に苦笑い

[ 2018年7月31日 05:30 ]

大相撲夏巡業

夏巡業の稽古で、胸を出す御嶽海(右)
Photo By 共同

 名古屋場所で初優勝した御嶽海が、異例の“猛稽古”だ。幕下力士数人を相手に23番胸を出し、「疲れた」と汗を拭った。春日野巡業部長から「若手を指導してやってくれ」と言われたことも理由のようだ。

 普段の巡業序盤では土俵に上がることはまれで、上がっても数番。慣れないハイペース調整に「まだ8月になってないよね」と苦笑いしていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年7月31日のニュース