宇野、五輪後不調も無欲挑戦!21日開幕フィギュア世界選手権

[ 2018年3月21日 05:30 ]

「ビンチェロ(勝利)シャツ」の宇野昌磨
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、イタリア・ミラノで開幕する。平昌五輪男子銀メダリストの宇野昌磨(20=トヨタ自動車)は20日、練習用リンクで調整した。

 五輪後、靴を新調した影響もあって、フリップやループの調子はいまひとつだが「努力は必ず報われるものではないが、無駄にはならない。調子が悪い中でもできることをやるのが大事」と前向きな気持ちを保っている。

 今大会は五輪2連覇の羽生結弦、平昌五輪銅のフェルナンデスが欠場。「GPシリーズみたいな感じで、落ち着いてます」。昨春の世界選手権以降、主要国際大会で2位が続く宇野には初のビッグタイトル獲得のチャンスだが「今はそういったことを考える余裕はない」と無欲で3度目の世界選手権に挑む。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月21日のニュース