【玉ノ井親方 視点】高安 休まず前へ 少しずつ“らしさ”出てきた

[ 2018年3月21日 09:30 ]

大相撲春場所10日目 ( 2018年3月20日    エディオンアリーナ大阪 )

大相撲春場所10日目 正代(右)を押し出しで破る大関・高安
Photo By スポニチ

 高安は終始攻めていたのが良かった。かち上げ気味に右から当たって、両手で突いてから、最後は強烈な左のど輪で押し出し。休まず前に出たのが効果的だったね。

 初日から連敗した時は、ちょっと相撲にならない感じだった。秋場所で痛めた右太腿肉離れの影響が残っていたのかもしれないけど、ここに来て少しずつ高安らしさが出てきている。いつもより腰高で、本人にすればまだ物足りない内容だろうけど、休まず攻めているのがいい。勝ち続けることで内容も良くなっていくはずだよ。

 11日目は栃ノ心戦。全勝の鶴竜を追いかけるためにも絶対に負けられない。相手の得意な右四つにさせないよう、左を差して四つに組みたいね。腰を低くして速く攻めていければ、自分の流れに持っていけるはずだよ。(元大関・栃東)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月21日のニュース