一二三、研究され「課題見つかった」世界選手権連覇へ克服誓う

[ 2018年3月21日 05:30 ]

柔道のグランドスラム・エカテリンブルク大会から帰国た、阿部一二三
Photo By 共同

 柔道のグランドスラム・エカテリンブルク大会(ロシア)男子66キロ級を制した阿部一二三(日体大)が帰国し、「(相手の)様子を見てしまったり、指導を取られるシーンもあった。課題が見つかる試合になった」と振り返った。

 4試合で一本勝ちが2試合にとどまった理由について「相手が腰を引いていて前に出てこず、やりにくさを感じた」とこれまで以上に研究されていることを実感。2連覇の懸かる9月の世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)に向け「課題を克服したい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2018年3月21日のニュース