高梨沙羅 “真央ロス”から立ち直れず「いまだに受け入れられない」

[ 2017年4月22日 13:35 ]

高梨沙羅
Photo By スポニチ

 ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(20=クラレ)が、フィギュアスケートの浅田真央さんの引退を残念がった。22日、都内でのイベント後に「ショックでした。いまだに引退を受け入れられないでいる」と思いを明かした。

 同じ4歳からバレエを習っていた高梨は、これまで尊敬するアスリートとして同じ冬季競技でもある浅田さんの名前を挙げ、その演技やキャリアに刺激を受けてきた。「ずっと真央さんの演技を見て元気をもらって、競技への原動力にもなっていた」と背中を追ってきた先輩アスリートの引退は大きな喪失感を覚えたようだ。それでも「競技の上で真央さんを見られないのは残念だけどスケートを辞めるわけではない。どこかでアイスショーを見に行きたい」と熱望した。

 この日は都内の体育館で子供向け体育教室「体育指導のスタートライン」のイベントに特別講師として参加。3年連続の参加とあって子どもたちともすぐに打ち解け、玉入れやフラフープを使ったボール運びなどを一緒に楽しんだ。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年4月22日のニュース