錦織、右手首痛でバルセロナ・オープン欠場 アプリで「凄く残念」

[ 2017年4月23日 00:25 ]

 男子テニスの錦織圭(27=日清食品)が24日開幕のバルセロナ・オープンを右手首のケガで欠場することになった。22日に主催者が発表した。

 錦織は自らのアプリで「残念ながら右手首が今週プレーできる状態には回復しなかった。チームとともにフロリダに戻り、できるだけ早くツアーに復帰したい」と説明した。錦織は先月のマイアミ・オープンで右手首を痛めて準々決勝で敗退。クレーシーズンからの仕切り直しに向け、バルセロナに入って調整を始めていたが、万全の状態が整わなかった。

 バルセロナ・オープンは14年にクレーコートでのツアー初優勝を飾り、翌年には連覇を達成。昨年も決勝でナダル(スペイン)に敗れたとはいえ準優勝を飾っている相性のいい大会だった。「最も好きな大会の1つで、ここ数年の素晴らしい思い出もあった。欠場は凄く残念」。来月28日に開幕する全仏オープンに向けた調整にも狂いが生じることになった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月22日のニュース