石川遼 4戦ぶり予選通過「アグレッシブにいった」

[ 2017年4月22日 10:31 ]

<テキサスOP>第2ラウンド、5番でティーショットを放つ石川遼。通算1アンダーで47位
Photo By 共同

 米男子ゴルフのテキサス・オープンは21日、テキサス州サンアントニオのTPCサンアントニオ(パー72)で第2ラウンドが行われ、石川遼は通算1アンダー、143で47位となって出場4試合ぶりの予選通過を果たした。4バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で回り、トップとは7打差。

 65と伸ばしたトニー・フィナウが、バド・コーリー(ともに米国)と通算8アンダーで首位に並んだ。キャメロン・スミス(オーストラリア)ら4人が1打差の3位。

 ▼石川遼の話(18番ホールで)1番と3番のウッドですごくいいスイングができ、今日一番のショットを二つ続けられた。全ホールでバーディーを取ってやろう、というぐらいの感じでやっていた。アグレッシブにいけば最後に何か収穫があるのではないかと思っていた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月22日のニュース