アイスダンス村元「世界選手権の悔しい思いは晴らせた」

[ 2017年4月22日 05:45 ]

フィギュアスケート世界国別対抗戦第2日 ( 2017年4月21日    東京・国立代々木競技場 )

 アイスダンスの村元哉中、クリス・リード(木下ク)組はフリーダンス(FD)で今季最高の92・68点でシーズンを締めくくった。

 村元は「世界選手権の悔しい思いは晴らせた」と満足そうに語った。右膝に故障を抱えるリードだが、サポーターなしで滑ることができるほどに復調したという。来季に向け「今季は体について多く学んだ。この経験を生かして次のシーズンに向けて頑張りたい」と大舞台を見据えていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月22日のニュース