黄重坤が首位に 2位グループに32位から出た堀川未来夢 パナソニックOP

[ 2017年4月22日 17:13 ]

16番、バーディーパットを沈めてキャラリーの声援に応える堀川
Photo By スポニチ

 日本ゴルフツアー機構とアジアンツアーの共同主管大会のパナソニック・オープン(千葉CC梅郷C、7130ヤード、パー71)第3日が終了し、ツアー通算3勝の黄重坤(24=韓国)が通算10アンダーで単独首位に立った。

 2位グループには、32位から出た堀川未来夢(みくむ、24=Wave Energy)が、9バーディー、1ボギーの63で回り、通算9アンダーで優勝争いに名乗りを挙げた。6位スタートの岩田寛(36=フリー)もスコアを4つ伸ばして、P・マークセン(51=タイ)と3人が2位に並んだ。

 5位には、宮本勝昌(44=ハートンホテル)、S・H・キム(31=韓国)の3人が並び、2打差を追う。

 最終ラウンドは23日(日)午前7時40分からスタートする。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年4月22日のニュース