重量挙げ選手に資格停止処分 ロンドン銅のユリア・カリナら

[ 2016年12月22日 00:24 ]

 国際重量挙げ連盟(IWF)が2012年ロンドン五輪女子58キロ級で銅メダルを獲得し、ドーピング再検査で陽性反応を示して失格処分となったユリア・カリナ(ウクライナ)に2年間の資格停止処分を下したとAP通信が21日、報じた。

 女子48キロ級の16歳、アリナ・ポポビシ(ルーマニア)は筋肉増強作用のあるアナボリックステロイドに陽性反応を示し、4年間の資格停止処分が科された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月21日のニュース