イングランド代表 ジョーンズ監督は19年まで 日本W杯で退任へ

[ 2016年12月21日 21:55 ]

 ラグビー日本代表前ヘッドコーチで、現在イングランド代表を率いるエディー・ジョーンズ監督が、2019年のワールドカップ(W杯)日本大会限りで退く意向を示した。21日付の英タイムズ紙のインタビューで明らかにした。

 ジョーンズ監督は「指揮は4年執れば十分。精神的に疲れ果ててしまう」と理由を説明した。

 オーストラリア人の同監督は、外国人で初めてイングランドの監督に就任。地元開催だった昨年のW杯で1次リーグ敗退したチームを、欧州6カ国対抗で全勝優勝と復活させ、今年のテストマッチを無敗の13連勝に導いた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月21日のニュース