1・3ライスボウルは富士通VS関学大 15年以来の対戦

[ 2016年12月21日 05:30 ]

 アメリカンフットボールの日本選手権「ライスボウル」(来年1月3日・東京ドーム)で対戦する社会人代表の富士通と学生代表の関学大が20日、東京都内で記者会見し、初出場優勝を飾った15年以来、2度目の頂点を狙う富士通の藤田智ヘッドコーチは「しっかり準備して自分たちの力を出し切りたい」と意気込みを語った。

 関学大は前回出場した15年に富士通に逆転負けした。鳥内秀晃監督は「山岸キャプテンを中心にライスボウルで勝つということをずっと言ってきているので、手助けできるように頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月21日のニュース