LPGAツアー規定改定で出場義務が一部緩和

[ 2016年12月21日 05:30 ]

 ツアー規定の改定も発表され、メジャーなど海外主要大会に出場する選手が前週または翌週に海外の試合に出場する場合、優勝者の翌年度出場義務、賞金シード選手の前年度欠場競技の出場義務が免除されることになった。

 20年東京五輪に向けてレベルの高い試合の経験値を上げて選手強化につなげる。またツアー優勝者および3年連続賞金シード保持者はプロテストを受験しなくても承認を受ければLPGA会員資格を付与される。今年の日本女子オープンで優勝しプロ転向し単年登録した畑岡奈紗は同様のケースだが適用は来季からで対象外となる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2016年12月21日のニュース