“桜の戦士”特集号 「Number」創刊以来初の4刷りで累計20万部 

[ 2015年10月20日 17:13 ]

ラグビーW杯で南アフリカを破った日本代表フィフティーン(AP)

 文藝春秋は20日、ラグビーワールドカップ・イングランド大会での日本代表の快挙を特集した「Sports Graphic Number」緊急増刊号の4刷り(5万部)を決定。累計発行部数が20万部に到達したことを発表した。発行部数が20万部を超えるのは、昨年6月5日発売のサッカー・ワールドカップを特集した「ブラジルW杯直前特集 日本代表23人に問う」以来となった。

 発売前の14日に当初予定の9万部に加え、さらに1万部を増刷。また、前日19日には3刷り5万部の増刷を決めたばかり。発売前の増刷と、4刷りは1980年の創刊以来初とあって、同誌の松井一晃編集長は「私たちの予想を遥かに上回る反響に、今さらながらエディー・ジャパンが成し遂げたことの大きさを思い知らされています」と驚きを隠せない様子。

 同号ではエディー・ジョーンズヘッドコーチとリーチ・マイケル主将の独占インタビューや1次リーグ4試合の詳報など、桜の戦士たちの活躍を伝えている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月20日のニュース